スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いつも通り

題の『いつも通り』ということをバスケの試合をしているときに言うことがあります。

良く言ったり、聞いたりする場面はフリースローですかね。
1本決めても1点しか入らないシュートだけど、これで勝つチームもあれば負けるチームもある。
とても大切なものです。
そこで試合中に1本目を打って外れたときに「いつも通りに打って」と言うけどその『いつも』をどういう思いでフリースローを打っているかとても大切だと思います。
ただ単にフリースローを打つ人もいればシチュエーションを自分で設定して打っている人もいる。
シチュエーションを設定しないで試合中のフリースローをイメージしてリラックスして打つ人もいるだろう。
みなさんはどうやってフリースローの練習をしていますか?

試合中接戦になればなるほどこのフリースローが重くのし掛かってきます。
「2本決めれば逆転。1本決めれば同点。2本外したら負け…」
など頭を過ぎると思います。
私の経験では一度この金沢高校でその経験をしたことがあります。
まさにこの上の例を経験しました。
平成21年度インターハイ予選1回戦4Q残り10秒1点負け。
普通の人?ならこの状況で萎縮して不安でしょうがないと思います。
しかし彼女は違いました。
フリースローをもらった瞬間『ガッツポーズ』これを見たときに「決めてくれる」と確信しました。
10秒前  58?59
試合終了 60?59
あの試合はすごかった。
前半で20点くらい負けていたのを残り10秒で引っ繰りかえして勝利。

接戦はしたくないけど上に行けば行くほど出てくるだろう。
その時の準備を1人ひとりどんな状況でも『いつも通り』打てるように練習をしてほしいと思う。
スポンサーサイト

comment

秘密にする

trackback

http://kanazawagbbc.blog63.fc2.com/tb.php/93-e13765c3
 プロフィール 

BUFFALO

Author:BUFFALO
金沢高校女子バスケットボール部がいつから始まったかはわかりませんが初年度の人、指導者がいたからこそ今こうして私が指導できていることに感謝したいと思います。

平成22年度からコートネームを導入しました。
新入生1人ひとりに思いを込めて3年生が名付け親となります。
高校3年間しか使われないコートネームでもそれは一生の宝物になると思います。

平成28年度新チーム
現在
1年生 4名
2年生 7名
3年生 0名
計19名
です。

チームのモットーは
『常に全力』
・学校生活
授業
あいさつ(心を込めて)
掃除
友情

・私生活
親への感謝
身の回りの整頓
手伝い
自宅学習

・部活
あいさつ
掃除
気付き
練習
集合

気持ち

を全てにおいて常に全力で行う努力をしています。
一生懸命を楽しんでいます。
生徒と共に私も向上心を持ち続けて頑張っていきます。

 最新記事 
 最新コメント 
 最新トラックバック 
 月別アーカイブ 
 カテゴリ 
 カウンター 

 メールフォーム 

名前:
メール:
件名:
本文:

 カレンダー 

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

 検索フォーム 

 リンク 
 ブロとも申請フォーム 
 QRコード 

QRコード