スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

脳に足りないもの

『脳には大切なものが足りない・・・』
あなたはこんな話を聞いた事があるでしょうか?

 ある会社に2人の対照的な同期がいました。
 Aさんは、ちょっとイケメンでバリバリの営業マン。
 Bさんは、目立たないけど、いつもニコニコ。

 Aさんは、仕事帰りにいつも居酒屋へ行き、
 お酒を飲みながら、お客さん、上司の悪口、
 不平、不満を言っていました。

 Bさんは、相手のちょっといいところを探すのが
 上手くて、いつも褒めていました。

 数年後、ちょっとイケメンのAさんはその面影なく
 悪口を言っていた上司そっくりに!
 いつも相手のいい所を褒めていたBさんは、
 人望のある、素敵な上司に出世!

***

このような話はあなたも聞いた事があるかもしれません。
あるいは身近にこんな人がいるかもしれませんね。

よく、『人を褒めましょう』と言われますが、
実際、人を褒めた時に、一番喜ぶのは自分の脳なのです。
Bさんのように、いつも『○○さん、今日も素敵ですね?、
○●さん、今日も若々しく輝いていますね?』等々。

その言葉は、実は相手にではなく、自分自身の脳に届きます。
相手を褒めるたびに、Bさんの脳は“私ってそんなに素敵なの?”
と喜び、もっとそうしてあげましょう!と、囁いてくれ、
ドンドン素敵に輝いてきます。

逆にいつも悪口を言っていたAさんの脳は
”私ってそんなに嫌な人なの?“と、
ドンドンそのようになっていくのです。

つまり、
「どんな事であっても、言葉にして出した言葉は、
 すべて、それを発した人に戻ってくる」
という事です。

たとえそれが、
「良い言葉、ほめ言葉」であっても
「悪い言葉、悪口」であっても。

さて、冒頭に言った、“脳に足りないもの”
は一体、何でしょうか?答えは簡単です。
それは“主語”です。

脳には主語がなく、
誰かほかの人に向かって言った言葉は
全て自分自身に帰ってきます。

『口グセ』にしている言葉が、人生を創り、
『口グセ』通りの人生を送っている。

自分の“脳”を味方につけるためにも
周りの方のいいところを積極的に褒めてみては
いかがでしょうか?人気者になれると思いますよ。


「どんな事であっても、言葉にして出した言葉は、
 すべて、それを発した人に戻ってくる」

スラムダンク勝利学でいうとミラーの法則です。
この場合は言葉ですが行動もすべて返ってきます。
スラムダンク勝利学を読んでから私は人の悪口、不平、不満はあ・ま・り…言わなくなりました。笑
でもおもしろいもんで心掛けていると性格が変わったように思います。
ちょっとした心掛けで人は変われると思います。
ただ性格を変えようとしたのではなく、ちょっとした心掛けで変わったのです。
何かちょっとしたことを心掛けるだけで大きな影響が生まれるかもしれません。
何かやってみませんか?

文字色
スポンサーサイト

comment

秘密にする

trackback

http://kanazawagbbc.blog63.fc2.com/tb.php/74-57d4d2ac
 プロフィール 

BUFFALO

Author:BUFFALO
金沢高校女子バスケットボール部がいつから始まったかはわかりませんが初年度の人、指導者がいたからこそ今こうして私が指導できていることに感謝したいと思います。

平成22年度からコートネームを導入しました。
新入生1人ひとりに思いを込めて3年生が名付け親となります。
高校3年間しか使われないコートネームでもそれは一生の宝物になると思います。

平成28年度新チーム
現在
1年生 4名
2年生 7名
3年生 0名
計19名
です。

チームのモットーは
『常に全力』
・学校生活
授業
あいさつ(心を込めて)
掃除
友情

・私生活
親への感謝
身の回りの整頓
手伝い
自宅学習

・部活
あいさつ
掃除
気付き
練習
集合

気持ち

を全てにおいて常に全力で行う努力をしています。
一生懸命を楽しんでいます。
生徒と共に私も向上心を持ち続けて頑張っていきます。

 最新記事 
 最新コメント 
 最新トラックバック 
 月別アーカイブ 
 カテゴリ 
 カウンター 

 メールフォーム 

名前:
メール:
件名:
本文:

 カレンダー 

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

 検索フォーム 

 リンク 
 ブロとも申請フォーム 
 QRコード 

QRコード