スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

先日、蛍を見に白鳥路ホテルの近く(大手町と兼六園下をつなぐ通路・散策路)に行ってきました。
金沢のど真ん中で蛍が見られるとは!!
多くの蛍が飛び交っている通路を歩くのはとてもいいものでした。
思っていた以上にたくさんいて手を伸ばせば簡単に触れる距離で見られるあの場所最高です。
時間があれば是非行ってみてください。


蛍は7月~翌年4月まで幼虫で川の中で生活をして4月頃から陸地に上陸し5月には土の中でさなぎになります。そして6月に成虫となり1週間前後で一生が終わります。その短い間に一生懸命、光り飛んでいます。
蛍

短い命だけどその中で一生懸命光を放ち続ける。
まさに蛍は今に生きている。

限られた命。
これは人も同じではないか?
ただ蛍と違うのは一生の長さ。
短いから一生懸命、長いから平凡に。
それでいいのか?
長いけど考えたスパンで成長の架け橋を次ぎ次ぎと作って行けばその一生懸命は継続できるだろう。

『頑張る』が分からない。
何をどれだけ、どう頑張ればいいのか分からない。
そんなあなたへ。

小さな目標を立ててそれを達成しようと一生懸命取り組む。
どんなことでもいい。
【ジャンプシュートを連続10本決める。】
こんな目標でいいと思う。
そして15本、20本と増やして行けばいい。
それが頑張るではないでしょうか?

蛍の光のように一生懸命ヒカリ、自分をアピールする。
そのヒカリをみて周りの蛍もヒカル。
そしてその一つひとつのヒカリの集団を別の人が見たとき他に感動を与える。

そして次の代、次の代へとバトンタッチをして毎年感動を与え続ける。

そんな蛍のようなチーム最高ですね!!

スポンサーサイト

完壁!?

「かんぺき」という漢字を書いてみて下さい。

「完璧」と書けましたか?

「完璧」の璧の玉の部分を、
多くの人は、土と書きます。

つまり、「完壁」と、
思い込んでしまっています。

いつの頃からか、分かりませんが、
「完璧」を「完壁」と思い込んでいます。

恐らく、私たちは新聞や雑誌などで
ときどき「完璧」という言葉を、
読んでいると思うのですが、
思い込んでいる私たちには、
「完璧」を見ても、
「完壁」と見ているのでしょう。

それと同じように、
私たちは自分自身に対する、
間違った「思い込み」を持ってしまうことがあります。

それを「セルフイメージ」と呼びます。

「セルフイメージ」とは、
自分自身に対する意見です。
あなたが、自分のことを、
どういう風に、思っているかを、
あらわすものです。

つまりセルフ・イメージは、
あなたが考えている「あなた」なのです。

私たちは成長するにつれて、
自分の経験、成功や失敗、
他の人が自分にとった態度、
親や先生や友達など、
周りの人からの意見などによって、
無意識の内に、知らず知らずの内に、
セルフ・イメージというものが、
作られていきます。

そして、「自分はこういう人間だ」
という考えがセルフ・イメージとして、
自分のなかに定着すると、
人はそれを真実だと思って、
その真実に従って、
行動するようになるのです。

つまり行動から、
セルフ・イメージが、形成されるというよりも、
セルフ・イメージから、行動が生まれるのです。

そしてその行動や経験によって、
セルフ・イメージを、更に強化してしまいます。

自分が、内気な性格だという、
セルフ・イメージを抱いていると、
人前に出たら、緊張してうまく話せません。

そして、うまく話せないあなたを見て、
聞くほうも緊張してしまいます。

その結果、内気な性格だというセルフ・イメージを、
客観的な証拠で、強化してしまいます。

しかし、すべては自分自身の思い込みから、
スタートしているのです。

しかし、人はたいていの場合、
本人が考えているよりも、
はるかに素晴らしい能力を、
持っているものです。

それが本当のあなたなのです。

本当の自分を認識することから、
「充実した人生」を、
歩み始めることが出来ます。

私たちは、失敗を何度かすることによって、
「自分はだめな人間なんだ」
と思い込んでしまうこともあります。

そんなとき、
「これは失敗なのではない」
「次に成功するための、大事な情報なんだ」
と考えるべきです。

このことを、バスケットボールに例えて、
お話ししましょう。

あなたは、リングに向かって、
シュートしましたが、
届かずに、ストンと地面に落ちてしまいました。

これは失敗でしょうか?
そうです。これは失敗です。

これを失敗だと思って、
シュートするのをやめてしまったら、
バスケットボールはうまくなりません。

でも、これを単なる失敗と考えずに、
次にシュートを成功させる大切な情報だと考えると、
成功する確率が高くなります。

「次には、もう少し力を入れてシュートを打ってみよう」
と考えて、打つのです。

失敗は、次に成功するための大切な情報です。

そう考えると、失敗をして、
がっかりすることは、少なくなり、
成功するまで、努力を続けようとすることができるのです。

 NEXT>>
 プロフィール 

BUFFALO

Author:BUFFALO
金沢高校女子バスケットボール部がいつから始まったかはわかりませんが初年度の人、指導者がいたからこそ今こうして私が指導できていることに感謝したいと思います。

平成22年度からコートネームを導入しました。
新入生1人ひとりに思いを込めて3年生が名付け親となります。
高校3年間しか使われないコートネームでもそれは一生の宝物になると思います。

平成28年度新チーム
現在
1年生 4名
2年生 7名
3年生 0名
計19名
です。

チームのモットーは
『常に全力』
・学校生活
授業
あいさつ(心を込めて)
掃除
友情

・私生活
親への感謝
身の回りの整頓
手伝い
自宅学習

・部活
あいさつ
掃除
気付き
練習
集合

気持ち

を全てにおいて常に全力で行う努力をしています。
一生懸命を楽しんでいます。
生徒と共に私も向上心を持ち続けて頑張っていきます。

 最新記事 
 最新コメント 
 最新トラックバック 
 月別アーカイブ 
 カテゴリ 
 カウンター 

 メールフォーム 

名前:
メール:
件名:
本文:

 カレンダー 

05 | 2011/06 | 07
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

 検索フォーム 

 リンク 
 ブロとも申請フォーム 
 QRコード 

QRコード